買い物をした時には必ずレシートを貰い、帰宅したら家計簿をつけましょう。

家計簿をつける

 

家計簿をつけている女性

家計簿をつけたことはありますか?
家計簿をつけると節約につなげる事が出来ます。

 

家計簿をつけていても節約になっていない、という人は、家計簿をただつけているだけなのかもしれません。

 

節約する為に家計簿をつけるにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

 

使っている金額を正しく把握する

自分が使った金額を正しく把握してますか?
「今日はこれくらい使ったかな?」と思っている金額と、実際に使用した金額にずれていたりしていませんか?

 

自分の使った金額を正確に把握する為に家計簿をつける、というのはとても大切な事です。

 

使った金額をあいまいに把握したまま、お財布の中や銀行に残金があれば、知らないうちにお金を使ってしまい、貯金が全然出来ない、とか、給料日前にお金が無い!なんてことになってしまいがちです。 

 

買い物をしたときには必ずレシートを貰い、帰宅したら家計簿をつけるようにしましょう。
1日に使用した分のお金であれば、数分あれば家計簿に記入する事が出来ます。

 

まずは自分の使っている金額を正確に把握する
これが節約への第一歩です。

 

 

月々の使用金額を決める

ただ家計簿をつけているだけでは節約につなげる事はできません。

 

家計簿を着けるときは、どこにどのくらいの金額が毎月かかっているか、いくらまでかけられるかを決める事が大切です。

 

例えば、外食費、食材費、飲料費、電気、ガス、水道、携帯、交際費、貯蓄額、など細かく区分を分けておき、毎月大体どのくらい支払うかを前もって決めておきましょう。

 

実際家計簿をつけていると、少なからず決めた金額と差が出てきます。
その差がプラスなのであれば、そこをまず節約していけばよいのです。

 

家計簿はノートではなく、パソコンなどに打ち込むようにしたほうが時間短縮になりますし、使用した金額と設定した金額の差を見ることも簡単に出来るのでよいでしょう。