住宅ローンは、現在と将来の最適な経済状況で全期間を通して最も低金利になる銀行でローンを組みましょう。

税金の軽減措置

 

住宅用地を購入すると、固定資産税や都市計画税の軽減措置か適用されますので、申告して軽減措置を受けましょう。

 

繰り上げ返済

繰り上げ返済というのは、月々の住宅ローンの返済と並行して、元金の一部を返済することで、返済期間を短くしたり、月々の住宅ローン返済額を少なくしたりできます

 

従って、住宅ローンの支払いをしながら、10年目で繰り上げ返済するという目標を立て、繰り上げ返済をすると、住宅ローンを大きく節約することができます。

 

返済期間を短くする方法と、返済額を少なくする方法とでは、返済期間を短くする方法の方が、より節約度が上がります。

 

また、繰り上げ返済は、早めから実行することで、利息を減らす率が上がるので、節約度も上がります。

 

 

 

住宅ローンに適用されるローンの金利タイプの種類

 

住宅ローンは、長期間に渡って返済していくものですので、金利のタイプによって、返済総額が変わります。

 

変動型というローンは、始めの金利は低く設定さえていますが、5年ごとに見直され、金利が上昇することもあります。

 

将来的に収入が増え、支出が減ることが予想される人には、当初の金利を節約できるタイプのローンですが、金利が上がった時に備えることができない恐れがある場合には、向いていません。

 

固定型ローンは、住宅ローンの金利が、ずっと一定であるというローンです。

 

その為、金利が変動型よりも高めなので、払い始めの数年間は、大変ですが、全体的にみると、安心感のあるローンです。

住宅ローン

 

固定期間選択型ローンというのは、ある一定の期間は、金利が固定され、その期間が終わるごとに、新たな固定期間を設定できるローンです。金利が上昇する場合のことを考えると、節約にならないタイプのローンです。

 

 

住宅ローンの節約のためには、各金融機関の住宅ローンの金利やローンの種類を比較検討し、現在と将来の経済状況に最適で、全期間を通して最も低金利になる銀行でローンを組むことが住宅ローンの節約になります。