電気代の無駄な部分は待機消費電力です。

今から始める!節約術「光熱費編」

 

電気代を節約するためには、まず、自宅の電気の利用状況を調べてみましょう。

 

電気代の中で、大きな割合を占めるのは24時間稼働している冷蔵庫、次に、稼働時間の長いエアコンや照明器具テレビです。

 

冷蔵庫節電

冷蔵庫は、設定温度によって、消費電力が変わってきますので、季節や、冷蔵している食材の量に合わせてまめに設定温度を変更しましょう。

 

また、冷蔵庫の中が、整頓されていないと、すぐに取り出すことができず、開閉に時間がかかってしまいますので、電力を消費します。

 

 

開閉する回数を減らし、開けたらすぐ取り出せるよう、冷蔵庫の中をいつも整頓しておくと、電気代の節約になります。

 

冷蔵庫の設置場所が、壁に密着していると、冷蔵庫の温度が上がりやすくなるので、電気の消費量が上がります。冷蔵庫は、壁に密着させないように設置しましょう。

 

 

 

エアコンも消費電力の大きい家電です。

エアコンの設定温度を低くしすぎると、電気の消費量も並行して上がっていきますので、設定温度を低くしすぎないことと同時に、エアコンだけに頼らないで、家の中を涼しくする方法を考えることが電気代の節約になります。

 

緑のカーテンを窓辺に作ったり、朝夕に住居の周りに散水したりすると、室内の温度を下げることができます。

 

また、どの家電がどの程度の電力を消費するのかと同時に、待機電力の消費量を理解しておくと、毎回電源を切ったほうが良いものと、つけっぱなしにしておいても、さほど電気代の消費には繋がらないものがどれなのかがわかります。

 

待機電力の消費量は、ガス給湯器が最も多く、年間で1,000円以上になる家庭もあります。

 

給湯パネルのスイッチは、こまめに切っておくと、節約になります。

 

 

次に多いのが、ブルーレイなどの録画機器です。

以前よりも待機電力が抑えられるような機器が増えていますが、それでも待機電力は消費しますので、機器の設定を確認して、省エネ設定にしておくと、電気代の節約になります。

 

それでもお金に困った場合の乗り越え方はこちら