食費を節約するには、自炊をする事が基本です。

節約術「食費編」

 

節約するのにまずどこから削れるか、と言えば「食費」ではないでしょうか?

 

光熱費などは節約を頑張っても毎月数百円がいいところですが、食費は節約を頑張れば、毎期結構金額を節約する事が出来ます

 

食費はどのようにすれば節約につなげる事が出来るのでしょうか?

 

 

自炊する

食費を節約する基本は「自炊をする」事です。

 

例えば毎日お昼にお弁当や飲み物を買えば1日1000円近い出費になりますが、それを毎日お弁当と水筒にするだけでその600円を節約する事が出来ます。

 

月20日出社するとして、1日1000円お昼代として使用していたのなら、お弁当と水筒を毎日持ち歩くだけで20,000円の節約になります。

 

外食をすると、それだけで数千円の出費になります。
また、スーパーでお惣菜を買っても出費がかさみます。
とはいえ、毎日食事を作るのは面倒、という人もいますよね。

 

そういう人は簡単に作ることのできる料理のレパートリーを増やしたり、時間のあるときにまとめて作り置きするようにするとよいでしょう。

 

 

嗜好品を控える

浪費になってしまうもの

お酒やお菓子など、食事以外に使うものを多く購入したりしていませんか?ちゃんと計算してみたら結構な出費になっていた、なんて方も多いのではないでしょうか?

 

嗜好品の購入を控えるだけで、食費の節約につなげる事ができますよ。

 

 

食材をまとめて購入する

毎日買い物に行って特売のものを購入したほうが良いのでは?と思いがちですが、実はまとめて購入しておいたほうが節約につなげる事が出来ます

 

毎日スーパーに行って「特売」という言葉にだけ踊らされて、必要ではない食材を買ってしまい、その食材を無駄にしてしまうことになってしまえば、節約にはなりません。

 

ここでのポイントは「一週間分のメニューをあらかじめ決めておく」ことと、「食材の購入金額を決めておく」事です。また、家にどんな食材があるかも把握しておく事が大事です。