高金利なネットバンクの定期預金で賢く資産運用すれば、生活費の節約にも繋がります。

定期預金を利用する

 

定期預金を利用することで節約に繋げるという方法もあります。

 

預金をするときに金利の違いを把握していると、単に預金をするよりもお得になることもあります。

 

例えば、0.025%の金利と0.260%の金利ですと、かなりの違いが出てきます。

 

定期預金を利用して節約に繋げるには、
それぞれの銀行の金利などについて把握し、
少しでもお得な定期預金を利用する必要があります。

 

定期預金とは、一定期間にお金を預ける預金のことですが、
預入期間は1ヶ月~10年までと銀行によって様々です。

 

銀行口座を分けて管理することで上手に資産運用が出来るようになります。

 

生活費などを入れておき、
普段使うメイン口座と定期預金や貯蓄などとして専用にしておく貯蓄用口座です。

 

定期預金では、ゆうちょ銀行や大手銀行の定期預金金利はかなり低いというのが実情で、
殆ど効果としては感じられないかもしれません。

 

ネットバンクの定期預金であれば、多少金利が良いです。

 

ネットバンクの100万円以下の場合の定期預金の金利を比較してみてみると、
東京スター銀行で0.1%新生銀行で0.15%が高いのを筆頭にスルガ銀行が0.04%です。

 

ゆうちょ銀行は、0.03%です。

 

他は殆ど0.02%のところが多く、
楽天銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行は、
横一列の金利ということになります。

 

東京スター銀行と新生銀行を除けば、
3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年と預けている期間によっても金利は変わってきますが、
100万円以下の場合は10年近く預けないと東京スター銀行と新生銀行以上の金利にはなりません。

 

銀行

 

定期預金の金利やネットバンクの金利については、
300万円以下の場合や500万円以下の場合など、
詳細を記載している比較サイトなどがあるので、ご自分に合った預金スタイルをネット検索などで見合わせてみて下さい。

 

賢く資産運用し、定期預金などもお得な方法を選択すれば、
生活費の節約にも繋がるのではないでしょうか。